干し柿巻き(곳감말이)

今年も夫が干し柿を作った。干し柿自体はそんなに好きなわけではないそうだが、とにかく作るのが好きみたいだ。
私は作るのはめんどくさいので自分ですることはないが、食べるのは好きだ。そのまま食べるか、大根なますに入れるかぐらいしかレパートリーがなかったが、ちょっと韓国料理で干し柿巻きがあったので、適当に作ってみた。
簡単で、ちょっとしゃれたデザートになるのでお勧め。
IMG_20191203_154724
材料 干し柿3個~5個
   くるみ ひとつかみ
   チーズ 1個 カマンベールとかクリームチーズのようなちょっとやわらかめなもの

IMG_20191202_121337

①干し柿のへたを取り、縦に切り目を入れて開く。

②巻きすの上にラップをしき、干し柿を並べ、くるみ。適当に切ったチーズをのせ海苔巻を作るように巻いて、ラップをはずす。

③包丁で切って できあがり。

IMG_20191202_121520

ソウル・全州⑲旅の〆は全州ビビンバ

IMG_20190825_180028

 空港で韓国最後の食事。私は全州で食べなかった全州ビビンパを注文。銀?銀色の器にたくさんの野菜、ナムルがのって、真ん中にユッケと白身と黄身を別々に焼いて短冊状に切った卵が飾ってあった。これが思った以上に辛かった。でも、最後にパンチのきいた思い出の食事になった。出国審査で列に並んでいるとA’REXの人は、こっちと言われ、並び直した。そこは、キャビンアテンダントたちが並んでいるところで、そこで両手を挙げて立たされたり、軽く体を触られたりして結構念入りに調べられた。友達は、ポケットの中の紙切れまで出させられたとか。そうして、飛行機に乗り込み、行きのときに途中まで見た映画の続きを見たり、ハンバーガーを食べたりして、またあっという間に福岡到着。予定通りに着いたのでバスの予約を一つ前の便に替えてもらって、スムーズに我が町へ。タクシーに乗り込み、千円札を握りしめ、お釣りはいりません…と景気よく言おうと思ってふとメーターをみると1060円!あわてて60円出しました。夜は割増、早朝は5時までが割増なのね。今回も保険を使うこともなく無事帰ってきた。お天気と 何かと世話になった友達と 親切にしてくれた韓国の人たちと 行く度に便利になっている韓国の交通などに感謝感謝の旅でした!ありがとう。カムサハムニダ!